池袋はナンパの成功率が高い?実際に会えたのでコツを教えるよ

池袋と言えばOLや学生や水商売系の人やその他いろいろなタイプの女性が集まります。また新宿ほどナンパでのトラブルは多くありません。

ナンパしていると場所によってはホストやキャッチの人に注意されますが、池袋ならだいたい安心です!人が多いのでいくらでもナンパできるわりに規制されることも特にないので、池袋はナンパに適しています。

池袋のナンパ(出会い)スポットについて

池袋のおすすめナンパスポットは・・・

  • 池袋駅構内
  • 中池袋公園
  • 池袋西口公園
  • 池袋駅北口エリア
  • 立教大学周辺

などです。基本的にはどこでも人がいればナンパ可能ですが、この辺のナンパスポットなら暇そうな女性を見つけやすいです。忙しい女性にナンパしても仕方がないので、暇そうな女性が多そうなところに行けばナンパできます。

どんなナンパを実践したか?ナンパの方法

ストリートナンパ

まずはナンパのなかでもっとも王道の方法がストリートナンパです。ゆっくり歩いている女性や、止まっている女性に声を掛けます。

第一声はわりと適当で良くて「こんにちは」「どうも」「すごくきれいだと思って声かけました」「ショッピング帰りですか?」「学校帰りですか?」「今日はお仕事お休みですか?」などなんでも良いです。

できれば相手の持ち物や外見的特徴から何か言った方が相手も反応しやすく、話も広がりやすいです。しかし、特になければ適当で良いです。「曇ってきたから雨降りそうですね」などどうでもいい天気の話題でもいけます。

内容よりも、相手の女性はこちらの外見や話し方のトーンなどで判断しています。逆の立場で考えればわかると思いますが、たとえば、綺麗な女性から声を掛けられれば内容にかかわらずラッキーと思いますし、逆にそうでない場合何を言われても興味を持たないはずです。

何を言ってもスルーされる場合と反応してくれる場合があるので、そのときの気分で適当に話しかけることがコツです。ある程度声掛けのレパートリーを用意することや、暇そうな女性を選ぶことが重要ですが、あとは単純に数に比例します。

カフェナンパ

池袋は飲食店が多いので、居酒屋や飲食店でもナンパしやすいです。特に一人で来ている人なら気軽に話しかけやすいので、カフェもナンパスポットになります。特にある程度込んでいるカフェがナンパしやすいです。一人で来ている人に「相席いいですか?」と言えば相席できることがあります。

相手の女性は嫌だと思っていても断りづらいので、相席できます。相席さえすれば後はそれなりに会話を広げていけば誘うことができるでしょう。もちろん失敗する可能性もありますが、成功率もそれなりに高い方法です。

出会い系ナンパ

ナンパの方法はストリート、飲食店、クラブ、相席居酒屋、街コンなどいろいろありますが、出会い系サイトはハードルが低く簡単です。特にルックスがあまり良くないとストリートなどはスルーされる可能性が高いので、精神的にダメージがあります。

気にしなければ良いのですが、あまりにも断り続けられるとやる気がなくなるかもしれません。しかし、出会い系サイトの場合はコツをつかめば確実に出会え、ルックスの悪さをカバーしやすいです。写真をうまく撮ってプロフィール写真にしておけば、最初の入り口をクリアできます。あとはメッセージやLINE交換から仲を深めていけば、ある程度気の合う相手と出会えます。

ナンパ後の具体的な内容

出会い系ナンパが慣れると確実なので、実際その方法で複数の女性をキープできます。また、ストリートナンパなどの場合は食事だけおごって帰られる可能性も高いですが、出会い系から出会えばホテルまで行ける可能性が高いです。

出会うまでにライン通話などをしておけば相手はこちらのこと十分に知っている状態なので、その状態で実際に会うということは、ある程度心を許している証拠です。

出会い系はプロフィール写真から選べるので、最初から好みのタイプにだけメッセージを送れます。

実際にどのような女性とどのような関係までいけたかを紹介します。

ショコタン似のショップ店員

ショップ店員は客との出会いが多そうですが、女性向けのショップだとそうでもないようです。

出会い系だと可愛い子は多くの男性からアプローチを受けやすいですが、こちらも数を打てば案外出会えます。特に登録したばかりの女性を狙うと、そのままLINE交換→通話→出会う、といった流れになりやすいです。

ショコタン似のショップ店員は登録したばかりだったようで、メッセージを送ったその日にLINE交換、LINE通話を行い、後日出会って飲みに行きました。こちらも酔っていてあまり話は聞いていなかったのですが、彼氏と別れたばかりといったようなことを話していました。

最初に相手が話しやすいように場の空気を作れば、あとは多くの女性は勝手に話してくれることが多いので、適当に相槌を打つだけでなんとかなります。変に盛り上げよう、笑わせようとし過ぎるとかえってうざいと思われるので、最初に話しやすい空気さえ作れば無駄に相手を疲れさせない方が良いでしょう。

ショコタン似の女性も何か話していましたが、あまり聞いていなかったので覚えていません。こんな感じでも問題ないので、あとは適当に飲んで、適当なタイミングで店を出ます。相手が気を許していればホテルに誘ってもそのままうまくいく可能性が高いので、そのようにします。

白人留学生

日本に来ている外国人が日本人と仲良くなるためのイベントやアプリがありますが、出会いにも使えます。接点さえ持てばなんでも良いので、外国人とも出会えます。

実際アプリで知り合った白人女性とLINE通話し、その後食事に行きました。相手はかたことですが日本語が話せるようだったので、会話は日本語です。

食事のあとは飲みに行ってホテルに誘おうと思っていたのですが、結果的に失敗しました。その後予定があるということであっさり帰られてしまったので、そういうこともあります。

黒人女性

出会い系に登録している黒人女性と仲良くなり、出会いました。アフリカ系の女性ですが、写真を見る限りは美人でした。しかし、実際に出会うと綺麗ではあるけれども何か違うと感じました。

全体的に整った顔立ちではあるのですが、暑い地域独特の広くつぶれた感じの鼻であること、あとは実際に見るとやはり黒いので、性的な対象にはなりにくいと感じる人が多いでしょう。

黒人女性と関係を持ってみたいといった気持ちはありましたが、少し違うと感じたこと、冷静になって考えると性病が怖いかもしれない、と思ったことから、結局食事だけして帰りました。

AKB系列のグループにいそうな女子大生

女子大生は学校やバイトで出会いそうなものですが、年上が良い、普段のコミュニティ内であまり恋愛したくない、といった理由で出会い系に登録している女性も多いです。

そして、数打てば当たります。ストリートナンパでもなんでも同じですが、基本的には数が重要です。もちろんイケメンであるに越したことはありませんし、基本的なナンパのルールはあります。しかし、ルックスは無理して格好つけるよりもそれなりに整えて無難にしておけばそれがベストですし、ナンパのルールも過剰アピールなどで悪い印象を持たれなければそれで良いです。

あとは適当にオリジナリティを出しつつメッセージを送るなり声掛けするなりやっていけば、誰かしらと出会えます。

女子大生は時間があるので、平日の昼間などに会うと良いでしょう。この女子大生とも平日の昼過ぎに会ってカフェでだらだら会話して、そのままバーに行きました。バーに行った後は自宅に行ってさらに飲み、そのまま一緒に寝る、といった流れでした。